【怪異】再会/HN:名前

窓の外で葉を落とした木々が、
今にも泣きだしそうな鉛色の空の下で北風に吹かれている。
ランチタイムの繁忙が過ぎて客がいなくなった喫茶店の、
一番奥にある窓辺側の喫煙席で、週刊少年漫画雑誌を読みながら、俺はコーヒーを啜っていた。
住んで十年以上になるアパートから一番近い喫茶店。
何の用事も見つからない休日の午後は決まって、俺はここで暇を潰す。
日が落ちて晩飯の心配をする時間まで。
『Simon & Garfunkel』の『The Sound of Silence』のイントロが静かに流れはじめる。
テーブル上の灰皿は、吸い殻で小山が築かれていた。
すっかり冷えてしまったコーヒー…店員が注ぎ足してからしばらく経つ。
アコースティックギターのみの美しい旋律と溜息を漏らすような歌いだし、
読み止した漫画雑誌腕を膝に置き、腕を組んで目を瞑り耳を傾ける。
映画『卒業』のテーマ曲でもあった。

教会から花嫁姿のエレーンとベンが手に手を取って飛び出してバスに乗り込むラストシーン。
乗客はなぜか老人ばかりで、最後尾の座席へ腰を下ろし…
周囲の視線を集める中、二人の顔から笑みが消える。
前を向く視線は宙をさ迷い、表情は厳しく…
二人を乗せたバスは走り去っていく。
そこでこの曲が流れる…
未来への不安…戻ることは許されない現実、覚悟と諦め…
俺には出来なかった…
考えてしまう、今までよりも長い茫漠たる時間を二人で過ごす重圧…
俺に彼女を守る力が無いことに気がつく。
俺に彼女を包む強さがないことに呆然となる。
金銭的、物質的な幸せを彼女に齎してやることのできない甲斐性の無い自分に…
彼女の心変わりが怖かった。
俺はそれを誰かに背負わせることにして逃げた。
韜晦と逃避で出来た鎧を着込み、
悲しみと後悔が、以降の…俺の心に降り積もっていく。
重苦しさと静寂の中で語られるおとぎ話。

その時、入口のドアベルが小気味良く鳴り響く。
マスターの出迎える声、そこで終わらず客と二三の言葉が交わされる。
渋みのあるバリトンに温かみを感じる…暫く顔を出さなかった常連だろうか。
入口に背を向けて座る俺からは見えない。
そこで突然、俺の名が呼ばれた。
心臓が激しく鳴った。息が詰まり胸が苦しくなる。
忘れていた声…いや、忘れたことなどなかった声、忘れられぬ声…
振り向いた俺の瞼が極限までに開かれる。
苦笑いをして見送るマスターを背に、
コツコツと靴音を鳴らして勢いよくこちらへやってくる。
僅かに内向きの入ったベージュのセミロングが揺れて宙に舞い、
力のあるヘイゼルの瞳、強い笑みの浮かんだ唇からは片八重歯が覗いていた。
すらりとした長身にフォックスファーが付いたムートンコートがとてもよく似合っている。

「綺麗だ。あの時のまま時間が止まったように、まるで変わっていない」

「京ちゃんなら、そう言ってくれると信じてた♪」

十年前に別れた彼女が以前と変わらぬ姿のまま、俺の目の前に立っていた。

 
温かく光満ちていた夢の中から突然、追い出された。
身を起こして室内に異変がないかを確かめる。
暗闇の中、家電に付けられたLEDの放つ緑の光点。
枕元で充電中の携帯電話。
僅かな唸りをあげるエアコンの作動音。
俺の隣で安らかに寝息を立てる明里を認めて安堵の溜息を吐く。
あれから一ヶ月が過ぎた。
馴染みの喫茶店で再会した俺と彼女はマスターに見送られて店を出ると、
二人で当時、金があると良く行った洋食屋へ向かい、思い出話に花を咲かせた。
夜も更け…帰りたがらぬ彼女を誘うと俺の部屋までついてきて、
明け方に別れも告げず出ていった。
高学歴で良家に生まれ育った見合い相手を選んだ彼女を
いつまでも忘れる事ができず、在りし日の思い出残るこの街に棲み続けている。
いないと分かっている彼女の姿を探し求めて…
未練を引きずる俺とは違って、彼女は別れと同時に余韻もなく角を曲がり、
立ち尽くす俺の姿を視界から消した。
何故にと問いたい。
何故、今頃になって…
耳に残る薄明りの中でのろのろと衣服を身に着ける衣擦れの音…
指と唇に残る彼女の肌の感触と、鼻腔に残る彼女の香り…
そこに答えがあったのだろうか…

喉の渇きを覚え、俺はベッドから出ようとした。
その時、短い廊下へ出るドアが開いていることに気がつく。
淡い燐光に包まれた一糸纏わぬ一人の女性が立っていることに気づく。
まだ、俺は夢の続きを見ているのだろうか…
浮かぶべき恐怖がまるで湧き上がってこない。
女性は項垂れ、髪に隠れて顔は見えない…
僅かに垂れた大きめの乳房、二の腕に腰に太ももに肉がつき、
だらしない印象を受ける体形…赤く下腹部に走る帝王切開の痕。
なぜか俺はそこに彼女を見た気がして…
痛みを覚えるほど冷えた床。
近づく俺に気がつき、女性が顔を上げた。
淡い光に包まれた相貌が明らかになる。
悲鳴をあげそうになった。
閉じた両の瞼に太い釘が刺さっている。
頬から首、肩へ流れたような黒い染み…両耳が削ぎ落されたように無く、
引き結ばれた口が太い糸で縫われていた。
唇からはみ出した片八重歯…

「その女性(ひと)に触っちゃだめ!」

背後から鋭い声が俺に飛んだ。
いつの間にか起きていた明里のものだった。
しかし、これは…変わり果てているとはいえ、これは彼女だ。
彼女に違いない…
それに触れるなと明里の言葉…
目も耳も口も塞がれた顔で、気配で誰かを探すような素振りをみせる彼女…
抱きしめられる距離にいるというのに…

「それに触れては…行ってはだめ!」

戸惑っている間に彼女は淡い光の中で形を崩し、
消えてしまった。

 
コーヒーから立ち上る白い湯気。
店員が中身の減ったカップへ注ぎ足し、去っていった。
馴染みとなった俺のアパートから一番近い喫茶店…
テーブルの向かいに座る明里。
一週間、連絡つかずだった彼女にメールで呼び出されたのだが、
ここに来て挨拶以外、互いに言葉を交わすことなく暫く無言のままでいた。
あの夜の出来事について…だ。
言い出しづらいのだ。
部屋の中に突然現れた十年前に付き合っていた彼女の事を
あの夜に明里へ語って聞かせた。
何もかも…再会してこの部屋で彼女と一夜を過ごしたことも。
再会した時は十年前と変わらぬ姿をしていたのに…
惨たらしく傷つけられた相貌…
脳まで達していただろう瞼の上から打ち込まれた釘…
削がれた耳と太い糸で縫いつけられた口…

「彼女はもう、死んでいる…ということなのか?」

幽霊…いままで存在を信じたことがなかったが…考えたこともなかったが…
あの夜に見たのは…いや、再会した時点で彼女はすでに…
そういった類のモノになっていたのだろうか…

「…生きて、いると思うよ…」

明里は、やっぱりこの部屋に女の匂いがすると思ってたんだ…と、いう
彼女の声をあの夜に聞いたそうだ。
わたしと付き合っている時も他の女の匂いがしていた…とも。

「たぶん、目も耳も口も必要が無くなったのだと思う…」

見ることも聞くことも喋ることも…それは死んでいると暗に言っている事じゃないか。
明里は違う違うと頭を振った。

「彼女を探すのはやめてあげて。
 男性と違って女には過去なんてないの…今があるだけ…」

明里はそう言うとハンカチで目に溜まった涙を拭う。
俺は窓の外へ視線を移すと、
葉を落とした木々が鉛色の空の下で、今日も風に吹かれて寒そうにしていた。

(了)

 
  • 元愛読者

    はじめまして

    私はガラケー時代にこちらのサイトを愛読させていただいていましたが、ある時期から何とか幻灯斎とか言う人の自慰的駄文が目につくようになり、見なくなりました。
    面白い話ならまだしも、自己満足のくだらない駄文ばかりで見るに耐えなかったのでサイトを開くのを止めました。
    スマホにして久しぶりに開いてみたら未だに何とか幻灯斎とやらの話の影が色濃く残っているようですね。
    サイト運営者の関係者でないなら、この人の話を掲載するメリットは無いのではないでしょうか?
    ハッキリ言って全く面白くもなく、稚拙で自己満足な文章は不快でしかありません。

    作家にもなれず、面白い話も書けず、他人に自己満足な文章だと思わせるような稚拙な投稿を繰返し、それを採用し掲載するサイト運営者の資質を疑います。

     
  • 匿名

    この話を書いたのがこげさんだとしたら、リファインや真似なんかしていないと思う。河上にこげさん嫌がらせ受けてしばらく来なくなった事あるし、そんなキモい奴にわざわざ絡まれるようなことを自分からするはずない。河上の話は幽霊出ましただけの話で、物語になってないし、出るだけの話だから感想なんて浮かばないし。この話はそういうのと全然違う。

     
    • 匿名

      コゲさんの作品ですよ。
      リファインは最初のコメントした人がほのめかしてるだけですが何か?

       
      • 匿名

        こげさんが書いたと決めつけて何か意味があるのだろうか。いつも通り評価の高い話だったなで終わりなんだが、それでなにか?同じ両目に釘が刺さった幽霊が登場する河上の話はひどい出来で比べようもないなと、いつも通りに読めた物ではないと再確認出来たとそれくらいだな。

         
      • 匿名

        明太子氏から以下のやりとりから読み取る能力は持ってないらしいな。哀れで残念で可哀想だからそっとしといてやろう。

         
  • 匿名

    これって河上が社のハンネで書いた目に釘を誰かがリファインしたのかな?段違いなんだけどw

     
    • 明太子

      河上作品をリメイクする人増えてるのかな。

      これ書いたの文体であの人だってわかるけどな。
      ここで一番書ける人だよ、彼女は。

       
      • 匿名

        河上の話をリメイクしたことなんて過去に誰かやったことあったっけか?増えてるって何だろう?

         
        • 明太子

          本掲載はされなかったけど投稿広場の掲示板で河上(社)の鳥の頭という作品をアドバン2015さんがリメイクしてる。
          あと泉さんの道端の女の子という作品とムスママさんの祖母と男の子は河上の燃ゆる仏間をアレンジしたような作風。
          きわどいけどラグトさんの青床の呪いは臭いのヌシのリメイクかなと思う。

           
          • 匿名

            アバドンは感想欄で指摘を受けて河上が慌てて修正をいれただけのものだろう。他人が河上の書いた話をリメイクとか自意識過剰だと思うぞ。

             
          • 匿名

            失礼、私は明太子さんと匿名さんの解釈とは違い、アドバンはアンチ河上さんの投稿じゃないかと思いますが、コゲさんの新作は両目に釘のリファインとしてみれば完成度は高く、非常に読みやすかったです。

             
          • 匿名

            アンチ河上がやるには何もメリットがない。鳥の話は駄作で切り捨てられているのに、コメントで擁護した人間の内容をただ付け足したようなことをする意味がない。アンチはそれほど暇じゃない。

             
          • 匿名

            鳥の頭のコメついた後に投稿された内容ですから、アドバンは煽ってるんだと思うんですが。
            あなたや私もアンチ河上ですよね?しかも暇だからこんなとこにコメしたりしたりしてるんだと思いますが。

             
          • あらはん

            俺は別にアンチじゃないけどな。てか、自分がアンチ河上ですとかいう奴初めて見たわ。なんでそんなにアンチ河上強調するんだ?煽る?意味無いな、誰かのコメントを河上の与太に付け足して河上がなんか反応するのか?すると思うのか?ふーん、なりすまし下手なのなw

             
          • 匿名

            この話を書いたのをコゲさんと書いているが決めつけても良いのだろうか?名前氏で投稿となっているが、コゲさんだという確証があるなら示して欲しい。間違っていた場合はどうするのだろうか

             
          • 五郎

            これ読了した人の大半がコゲ氏の作品だと気づいてると思うが、、漏れもあえて言わないでいたが。。あえて作品の名義を匿名にしたかった意があったのかもしれないのにな。

            まぁサウンド・オブ・サイレンスのくだりやコゲ氏の過去作の文章構成をみればすぐにわかるんだがな。

             
          • 五郎

            追記:お前いらも大好きなかーかみ氏の書いた文章なら社やドクロンにHN変えてもすぐわかるだろう。
            それと一緒でコゲ氏の作品何度も読んでるならわかるんだがということだ。。とあえて匿名氏の代わりにコメントしてみる。

             
          • 肯定ペンギン

            ここで追記とか恥ずかしいこと書けるの河上だけだけどなw確証と書いたのだがな、それは憶測とかだろ?日本語分かる?

             
          • 五郎

            これはコゲさんの作品だ憶測ではなくて確証あるんだが。それにお前が河上なんじゃないの?
            私は河上ではないです。誰でも彼でも河上言ってるバカが他サイトの感想板にいますけどお前でしょう河上さん

             
          • やまぐち専務

            で、確証ってなにかね?

             
          • あらはん

            お前コゲさんのかこ作読んだことある?話はそれからだろ。

             
          • あらはん

            レス早いな。あっち時代のリアルで投稿されてるときから読んでたが何か?

             
          • やまぐち常務

            なら文章構成やシンガーのくだりでわからんのか?
            あと漏れ以外でも明太子という人がコゲさんとはいってないがここで一番書ける人の作品だとコメントしてるんだが。

             
          • すう

            やっぱりな、寝てて良かった。それ、俺に答え預けて自分じゃ何も説明出来ないだろ?それじゃ確証じゃないな。こういうのは推測になるからあからさまな名前とか出さないことが礼儀だろ。も確証じゃないな。確証とか提示求められて売り言葉買うなよ足りないなりにやれや

             
          • うす

            お前ほんとに馬鹿だな。確証たることをここでいえば色々と不都合なことがコゲさんにもあるだろうから推測めいた回答しかできないのを察しろよ馬鹿!
            ただな、もう大半の人はわかってるんだよ。いい加減にお前も気づいてるっていえばいいよいつまでも意地張ってないでさ。

             
          • オイキンタマタロウ

            あれ?俺が作者を誰とか言ったか?憶測で言うな。確証があるなら示せだ。馬鹿か?書き込み読み直してこい。作者の言及なんか俺はしてないぞ?日本語勉強してこい

             
          • オイキンタロウ

            お前が日本語勉強してこいよ馬鹿が。もう一回自分の書いた文章を一から読み直せよ。作者について言及してるぞ馬鹿。ちょんかおまえは?ん?
            後。お前の精神年齢は低いな。誰でも自分が気に食わない奴を河上にして絶対自分の非は認めない。
            確証はあるこれが答えだ示さない理由は前記した通り。わかる?作者がこげさんと決めつけてもいいんだろうかと自分でコメントしてるのも忘れたボケちょん君。

             
          • オイキンタマタロウ

            ああ、馬鹿はしかたないな。決めつけちゃいけないは、誰だと言ってないだろ俺は。俺が作者が誰かと書いたか?どこに書いた?ハンネを書いたのか作者はこの人だと?決めつけてないだろうだろ?で、確証を提示してないで個人のハンネをだしていいのかときいた。確証だせない出すとこげさんになんかあるとか人質取った卑怯者だろお前は?こんどは差別発言か、さすがクズ野郎だ。

             
          • 匿名

            お前が河上なの決定だな。その差別発言大好きだもんなお前は

             
          • 匿名

            確証やら言った言ってないの押し門答にもってかれて漏れも疲れたよ。日本語わかってないしなw
            てかこいつ河上なの?河上の認定厨だとばかり思ってた。

             
          • 河上認定厨

            差別発言するような底辺のクズよりは数千倍マシだがな。まいかい疲れたとかで逃げるしかないんたよなお前は。付け足したコメとかすら理解できないのな。まあ、差別発言を平気で書き込める程度の奴だから仕方ないな。どうぞ、毎度のように尻尾巻いて逃げてくれよ。

             
          • オイキンタマタロウ

            お前ほんとに馬鹿だな。確証たることをここでいえば色々と不都合なことがコゲさんにもあるだろうから推測めいた回答しかできないのを察しろよ馬鹿!
            ただな、もう大半の人はわかってるんだよ。いい加減にお前も気づいてるっていえばいいよいつまでも意地張ってないでさ。
            どうなの?
            ↑質問からだいぶそれた回答してるね君まずはこれに答えてからだろう。
            言葉の言い回しで逃げてるとしか思えないな。

             
          • オイキンタマタロウ

            こげさんにも不都合とか、それすらもだろうの推測入れてるだろうよ?お前はどこまでも逃げのコメしか出来ないくせに張り合うのな。それで最後は疲れたとか逃げるだけ。まともな言葉で言い返した事など一度すらない卑怯者が。こげさんネタに逃げようとしてるだけだろ?どうせ、あちらのサイトの荒れたスレで拾ったことを言ってるのだろう知ったかの癖にな。

             

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★