【衝撃】全日空事故について/HN:たまご

日本の飛行機事故といえば御巣鷹山が有名だと思うんだけど、それまで日本最大の飛行機事故とされていた「I県上空自衛隊機全日空機衝突事故」について。
ここからは自分の母の話。

母(当時小6)はその日暑すぎて家にいられなくて飼い犬を洗ってくるついでに涼もうと近くの用水路へ降りた。
8月に近いにしても暑くてなんだこれと思いながら犬とまったり足を水に浸していたら突如、本当に「バンっ!!」としか言えない大きな爆発音がした。
母はお祭りの太鼓かと一瞬思ったらしいがもちろんその日は近所で祭りはない。

音のした方を見たのか、ただ咄嗟にそうしたのかは分からないが空を見た。
少し離れた上空から煙が上がってて、ボーリングのピンを逆にしたようなものがたくさん降っていた。後にそれは人間だったと判明。
30分ほどすると辺りが大人や消防団が一気にバタバタしてきて「帰って今日はもう家から出るな」と言われ、周りの様子が尋常ではなかったため何か大変なことが起きたのだと把握。

以下は母から聞いた、現場に赴いた父(祖父)の話。
祖父は太平洋戦争時フィリピンからの生還兵だけど、あの時よりまったくひどかったと泣きながら語ったらしい。

あちこちに散らばったり木に刺さったりしている人の頭、胴、腕、脚。クリスマスツリーの飾りかのように木に引っ掛かっている腸。
パーツがそれだけ残っているのはまだましな方で指先だけとかどこかの皮膚の一部とかざらにあったらしい。
それでも遺族の元に還さなきゃってんで見つかったそれっぽいパーツを組み合わせて一人分にして、って始めはしてたけど結局「パーツ」が足りなくなってやめたらしい。
祖父は「人間の形をした遺体」を見つけることができなかったという。

ちなみにこの墜落現場は慰霊碑も建てられて毎年供養祭もしているけど地元最強心霊スポットとして名高い。オカルト好きな私だが、家から車でわずか10分のこの場所にだけは昔から近寄ろうとも思わない。
だって、頭が胴体にめりこんだ遺体 とか、 耳のなかに指がめりこんだ遺体 とかあった場所だぞ?事故から40年近くたってもいまだ白骨やら飛行機の部品やらが見つかるようなとこに肝試し感覚でいくやつの方がどうかしてると思う。

 

世にも奇妙な怖い話や都市伝説から不思議体験スピリチュアルまで…オカルト小説投稿/2chまとめサイト。1万3千話超えの厳選物語を貴方に★