人が死なないデスノート?

ここのサイトのスピリチュアルにもある言霊。
方法としては紙に書いたりする方法が多いかな。

私はそれに興味を持ってノートによく願ごとを書いていた。
効果は十日以上経った時、「もしかして叶ったかな?」くらいのものだった。

しかし最近ある発見をした。
書き方に工夫してみた。

--------------------

〇月×日(月)

Aちゃん(苦手な友達)が朝「おはよう!」と言ってくれた。
その後も休み時間になるたびに来てくれて、すごく仲良くなってアドレスも交換した。二人でプリクラを撮る約束もした。

--------------------

つまり具体的に日記のように書き、日付けも書くようにした。
すると本当に筋書き通りになった!

そしてもう一つ発見した事。
つい数分先の日記(願ごと)も叶うのだ。

今日の11時半過ぎの出来事。
母親と美容院に行った後、服を買う予定だったのだが、姉がバイトでその送り迎えで服を買いに行けなくなったという。

しかし、その数分前、私はノートにこう書いていた。

--------------------

9月24日(月)12:00〜

今日は、美容院行った後、デパートで買い物をした。可愛い服をたくさん買ってもらった!
こんなに可愛い服を買ってもらったのは始めて!
買い物中、同じ学校の友達に一人も会わなかった。でもその方が気軽に買い物出来たから良かった。

--------------------

と。

お母さんが二階から降りてきて「お姉バイト行かないんだって! まったくどっちだよ!」と言った。
買い物を諦めていたので喜んで準備した。

行く直前、ふと携帯を見ると、12時を過ぎていた。
買い物中、書いた通り友達には一人も会わなかった。2時から6時半までいたのに。

そのデパートは私の学校の人がよく友達等と買い物に来ている。そのデパートに行くと必ず友達と会う。
会わないほうが珍しいくらいなのだ。

たった数分先の事でも叶う。
数時間前に勉強のやる気を出したいと書いたら、朝、寝不足のはずが本当に不思議なくらい寝起きよく、すぐに机に迎えた事もある。

使い道と効力は違えど、デスノートのように(多少はずれがあるけど…)その通りになる。
『人が死なないデスノート』なのだ。

あまりの効果に驚いているくらい。半信半疑がちょうどいい。
しかし、あんまり悪い事には使わないで欲しい。

例えば、嫌いな子がいて、『その子が怪我した』など書いたら、もしかしたら本当にそうなるかもしれないが、中途半端な呪いの形になってしまって自分に返ってくるかもしれないし、何よりノートの効力が落ちる可能性が高い(書いた事無いから分からないけど)。

そう書くんだったら、

『その子とすごく仲良くなった! 案外優しい子だった!』

と、プラスに、明るい方へ持って行った方が自分にとっても相手にとってもずっといいはず。

たまには叶わない事はあるけど、難しい願ごとは何度も書くといい。

実はこの方法は最近始めたばかりなのに、その効果はすぐに実現した。

長い話、読んでくれてありがとう。

スピリチュアル/怖い話都市伝説etc