備えよ常に

423 :おさかなくわえた名無しさん:2008/02/28(木) 23:57:50 ID:3HrCTTWr

<その@>

「備え在れば憂い無し」…これに尽きる。

例えば、余裕をもって通勤するために、それなりの早起きをし、ゆっくりとは言わないが、焦らずそれなりの朝食や化粧やトイレタイムを導入出来る時間をつくる。
多少なんらかの理由で電車が遅れても遅刻する心配もなし。

一つの行動に最低限の時間と余裕を持てばそれがどんなに小さなことでも、後が楽。

仕事で使う筆記具その他なども、細かいことだが予備が必ずいつも二つはあるように保っておく。
予備を一つ出せば、次用意しておくのを思い出すし、他人に回す余裕すらあるのが望ましい。

ギリギリとか、残りが一つだけ、というのは心に不安が残る。
備えはいつも二つ以上、これで安心、快適。

時間の余裕は15分。
いつも備えていて問題がないから、今はギリでも大丈夫じゃね? とか危機感を捨てると、なぜかそういう時に限ってトラブル襲来。

備え在れば憂い無し…これさえ念頭においておけば大抵のことはスムーズに進む。


<そのA>

子供のころ、親によく言われていた、寝る前の「明日の支度は出来た?」これに尽きるなあ。

明日必要なものを、前夜に全部準備しておく。これだけでいい。
必要なものが出て来た時に、必要なものをすぐ使える。これがどれだけ爽快か、ってのは、必要なものが無かった場合にしみじみ思わされるものだ。

あって当然なものがある。それだけで、一日が問題なくスムーズに進む。
それこそが楽しい日々の最初の一歩になる。「楽しさ」ってのはそれからのこと。

土台が欠けた家に上がる気なんかしないだろう。
家に上がって楽しくお茶したり語らったりするのは、家がきちんと立っているからサ。

「安心」…これこそが楽しさの第一歩。

http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1191983344/l50

スピリチュアル/怖い話都市伝説etc