運を磨く方法〜そのA〜/HN:ありがとう

<コラム:きっかけは軽く!>

きっかけは軽く!”ポリシーでいきましょう。
3日坊主の方、実行して結果が得られるのが分かっているのに身体が動かない、毎日続かない方におすすめの方法です。

掃除なら“今日は自分の部屋を掃除機かけるだけでいいや”“汚いなら汚いなりに整頓だけしてみよう”、瞑想(そのAの方法)なら“最初の5分だけやって、後の15分は仰向けに寝ながら腹式呼吸してるだけでいいや”などなど。

これは、この運を磨く方法だけでなく、仕事や勉強など、“実行して結果が得られるけど面倒なもの”全てに応用できます。


A瞑想をする------------

掃除の次に大事なのは瞑想(座禅)です。

これは私も実践して本当に効果を実感しています。
深い呼吸をする習慣を持つことが、毎日、そして人生に影響していきます。

瞑想でも座禅でも良いのですが、できるだけ毎日20分行ってみて下さい。
時間は早朝か寝る前がゴールデンタイムです。

座禅を組むか椅子に軽く腰掛けて、目を瞑って、何も考えないかもしくはポジティブなことを思い浮かべてみて下さい。

呼吸に意識を向けることが大切で、深い呼吸をすることがポイントですから、腹式呼吸がベストです。
腹式呼吸はお腹に意識を向けて行う呼吸のことですが、2つ注意することがあります。

息を吸う時にはお腹を膨らませ、息を吐く時にはお腹をへこませる
息を吐く時間を出来るだけ長くする

※吐く息を多く吐くというよりも、時間をかけて息を吐くことに意識を向けて下さい、空気を吐いた量や吸った量(肺活量)が問題なのではありません。
※完璧にしようとガチガチに固まらなくても大丈夫です、慣れていくと次第に呼吸が深くなっていきますので無理せずできる範囲でOKです。

もし瞑想中に雑念が出てきても、それは潜在意識が浄化されていく過程なので、身を任せておきましょう。
だんだん静かになって、さまざまなイメージや直感が感じられるようになります(ならなくても全然大丈夫です)。

深い呼吸をするのが第一の目的なので、あまり形にこだわり過ぎなくて大丈夫です。
体型や骨格的に瞑想の姿勢が苦痛な方は、瞑想の後半は柔らかいベッドの上で仰向けの状態で行うなど、応用するのも良いかと思います。

また瞑想では、掃除では落としきれない、日々心(魂?)に溜まっていくネガティブなエネルギー(悪い気?)をお掃除できます。
その@の掃除と併用することで、最大の効果を発揮します。

※後の項目で説明しますが、瞑想の時に天然石を一緒に使うと効果がアップします。

これを毎日続けて、あっという間に20分が経つようになる頃には、生活が大分変わっていると思います。
毎日続けられなくても、瞑想の時間を持ち、一年、二年と積み重ねて行く事で、やがてあなたの大きな財産になります。

私の実感としては、

日常生活での呼吸が深く落ち着いてきて、心が穏やかになった
直感やアイデア、情報が得られるようになった
感情のレベルで根からポジティブになった
物事の進みが良くなり、効率良く行動できるようになった

を特に感じています。

瞑想を毎日続けていくと、一日の中で呼吸を深く過ごせる時間が次第に長くなり広がっていきます。
そして嬉しいことに、瞑想(掃除もセットで)を実行していれば、人生がこれ以上悪い方向に向かうことはありません。

深い呼吸は、ヨガや右脳開発、医療にまで様々なことに応用されています。
瞑想(座禅)が全てのポジティブな行動の基本となっていくでしょう。

是非その@と合わせて自分のものにしてみて下さいね(*゚ー^)b


<コラム:感謝と祈り>

腹式呼吸に慣れてきたら、瞑想の際に以下の事を思い浮かべるとさらに効果がアップします。
またこの方法は必ずしも瞑想時に限る必要はなく、寝る前などに行っても効果があります。

感謝の時間(いつもお世話になっている身の回りの人を思い浮かべて感謝の言葉を言う。後述する「サポートしてくれる存在」に対し、感謝する)
祈りの時間(叶えたいことをイメージする。叶った情景を思い浮かべて、喜んだり感謝している姿を思い描く。またそれを言葉で表現してみる)

寝りに入る前は、意識から潜在意識(深層心理)に切り替わる時間なので、願い実現のイメージを潜在意識に直接流し込めます。
これは夢を実現できる方法の一つでもあります。

※私の場合は、瞑想20分の間にこの2つの時間を取り入れています(具体的には、前半は腹式呼吸とネガティブなものを吐くことに意識を向け、後半はこの2つの時間、姿勢や足の痺れがきつくなってきたらベッドに仰向けで寝ながら…、とこんな感じです)。ご参考までに。

効果を報告する
友達に教える

スピリチュアル/怖い話都市伝説etc