父親/HN:いくゆみ


子供はよく霊を見ると言われている。私の友人にも今はあまり見えないが子供の頃に霊を何度も見た事がある人がいる。

その友人の話だ。

友人が小さい頃に父親が事故にあった。残念ながらお亡くなりになり母親が家事と仕事をこなし子供たち3人を育てあげた。

だが友人には亡くなったはずの父親が見えていたそうで寂しい思いはしていなかった。むしろ、その時は父親が亡くなったという事実にも気付いていなかった。

そんなある日、母が慌てた様子でバタバタしている。

「ごめん、急に仕事の呼び出しで30分くらいで戻るから待っててね。鍵は閉めていくから」

そういって出て行った。

仕事の疲れもあったのだろう。慌てていたのもあっただろう。母親は煮物を煮ていたのも忘れて仕事に行ってしまった。子供たち3人ともテレビに夢中だ。

50分後に帰宅した母は涙を流している。

「煮物の火を消し忘れた……」

友人は小さかったので覚えていないとの事。

「パパが消してくれたの」

母親にそう言ったそうだ。

「あの人が子供たちを助けてくれたのね」

温かい何かに包まれた気がした。涙を流しながら子供たちを守り抜くと誓った。

友人は今はほとんど霊は見えない。母親からこの話を聞いた時、もう一度くらい父を見たいと寂しそうに言った。

「でも今も側にいるよ、たまに温かい何かに包まれるんだ」

友人は来月、結婚だ。お腹には新しい命が宿っている。きっと今後も幸せいっぱいだろう。

彼女は確かに父親に守られているのだから。


みんなに広める
自分も投稿する
心温まる霊体験/怖い話都市伝説etc